京都市名誉親善大使

 

こんな肩書きがあるのをご存じですか?

 

クリニックのHPを作成する過程で、

HPデザイナーのホピデザイン青木さんと、

プロフィール写真をどうするか?という話になって、

過去、青木さんが手がけたHPを見せてもらいました。

 

「カッコイイなあ・・・」

ぱっとみて一番惹かれたのがこの写真でした。

能楽師 松野浩行オフィシャルサイト

 

「じゃあ、これで」

とお願いすると

「はい、わかりました」

ということで、

さっそくこの写真の松野さんと、

お友達の「写真家」の方にお目にかかることになりました。

(こんな、簡単でいいのかなあ・・・と思いつつ)

 

「今度、いつ日本に戻ってくるかわからないので、

撮影の日程は、戻られたらまた調整してみます。

なにせ、僕もまだ一度しかお目にかかったことがないもので」

「はい、わかりました」

・・・

って、わかんねーよ、

青木さん。

 

いつ戻るか?

フランス人?

京都市名誉親善大使

・・・

って、わかんねーよ、

青木さん。

 

「どうも〜こんにちは」

そして、お約束の日。

ラフな格好で、大きなリュックサックを背負って、

ぶらっとクリニックに来てくださったのは、

前出の松野さんとステファン・バルベリさん

 

 

 

 

 

若い頃より日本好きで,2008年に来日して以来,

日本の木々や京都の美しい自然を題材にした作品などが収められた写真集や、

“幽玄の間”と囲碁用具をテーマとした映像を作成するなど、

精力的に活動している親日家のフランス人写真家・作家さんでした。

 

慣れない二人(特に私、志馬裕明)はというと、

甘いマスクと流暢な日本語にのせられて、

置物の人形のような言われるがまま。

 

でも、

クリニックに差し込む春の木漏れ日のなか、

「妻」と二人で望んだ写真撮影は、

挙げなかった結婚式の記念撮影のようで、

なんだか、

気恥ずかしいような、うれしいような

ちょっと、幸せなひとときでした。

 

 

 

青木さん、松野さん、ステファンさん

素敵な時間をありがとうございました。

 

志馬クリニック四条烏丸

志馬裕明

 

WEB店舗を開院しました!

 

敏腕WEBコンサルタントとか、

お手軽HPビルダーとか、

色々と選択肢はあったのでしょうが、

ある種「地産地消」的に制作を進めていると、

気がつけばもう6月になってしまいました。

 

「京のへそ・四条烏丸から徒歩1分」

こんなキャッチで実店舗を開院したのが1ヶ月前。

 

ようやく、もっと多くの人に、

メッセージをお届けできる準備が整いました。

 

「世界中から徒歩0分」

婦人科(オフィスギネ)のセレクトショップとして、

幸せな未来の礎となる新しい価値を提案してまいります。

 

実店舗では、仕事帰りに「健やかごと」

WEB店舗では、仕事中でも「健索ごと」

 

もちろん、仕事も

おきばりやす。

志馬クリニック四条烏丸

志馬千佳

 

出来たてのクリニックでおしゃべりしませんか?

「赤ちゃんが欲しい」という願いで、

それぞれの境遇で頑張っているみんなが、

ぱっと集まって、さっと打ち解けて、うふふと話せる会。

「赤☆サロン」はそんな素敵なおしゃべり会です。

続きを読む

プロフィール〜プリンと牛の眼球と漆黒の宇宙…?

幼少時、祖父母との同居生活の中で、両親が介護をしている姿をずっと見てきました。小さかった私は、訳も分からず毎日のように母に連れられて近くの大学病院に通い、その食堂でプリンを食べさせてもらえるのがいつもの楽しみでした。灰色の壁にパイプベッドと白いシーツ、介護のおばさんと食堂の丸いパイプ椅子、病院独特の消毒のにおいと行き交う白衣の看護師さんとお医者さん。生と死さえもまったく何もわかってはいなかったけれど、病気や医療は、間違いなく私達の「日常」でした。 続きを読む

京都マラソン2012〜復興への祈りとともに

快晴に恵まれた啓蟄の洛北を、

15000人のランナーがさわやかに駆け抜けていきました。

 

 

 

 

 

 

東日本大震災からちょうど1年の今日、

ランナーのユニフォームにも、

想い想いの言葉が綴られていました。

 

発生時刻 午前2時46分

お亡くなりになった方に 心から哀悼の意を表します。

 

草食の美技

どの業界でも新しくお店を出す時には、

いまや、ホームページの存在はかかせません。

種々のアンケートでも、来院のきっかけは、

「ネット」か「口コミ」がほとんどです。

 

彼との出会いは昨年の10月。

内装を担当していただいている七彩の上之山さんにご紹介いただき、

初めてお会いした時の印象は、一言で言うと「清廉」。 続きを読む