子宮頸癌検診(膣鏡診)のリアル

 

若いピルユーザーからのご質問です。

「癌検診ってどんなことするの?」

イメージしやすいように簡単にご説明します。

 

子宮癌検診は2種類あります。

  1. 子宮頸癌検診
  2. 子宮体癌検診

子宮頸癌は、性行為により子宮頸部(子宮の入り口)に

ヒト乳頭腫ウィルス(HPV)が感染して発症する性行為感染症で、

ワクチンによる感染予防と、がん検診による早期発見、完治が可能です。

性交経験のある女性はどなたも定期的な子宮頸癌検診をお勧めします。

 

子宮頸癌検診では、子宮頸部の細胞を採取するのですが、

子宮頸部は腟の奥にあって外から見ても見えません。

そこで子宮頸部を見えるようにする診察が「膣鏡診」です。

 

 

 

 

 

 

 

膣鏡(鳥のクチバシのような器具)を膣の入り口から挿入し、

膣内でゆっくりと拡げると、奥に子宮頸部が見えてきます。

 

膣鏡には種類があり、当院で使用するのは「クスコ式膣鏡」です。

サイズが、SSS・SS・S・M・L とあり先端径と長さが異なります。

先端径 SSS=11.5mm/ SS=19.0mm/ S=23.0mm/ M=24.5mm/ L=27.0 mm

日本人女性の平均的な適合サイズがSだそうですが、

膣内に指が1本挿入できれば、SSでも検診は可能です。

当院で主に使用しているサイズは SSS・SS・S です。

 

ちなみに、産婦人科で行われる一般的な診察は次の通りです。

  1. 視診
  2. 双合診(双手診):いわゆる「内診」
  3. 膣鏡診
  4. 経腟超音波検査

子宮頸癌検診だけご希望の場合は、

内診や超音波検査は必ずしも必要ありませんが、

同時に、内診や超音波検査もしておくと、

子宮や卵巣の他の病気も早期に見つけることができます。

 

少しは子宮頸癌検診のイメージが沸きましたでしょうか?

 

 

志馬クリニック四条烏丸

志馬裕明

 

まごころのこもった鯛

 

「おめでたい」

 

5月に開院して以来はじめて、

ゲスト(お客様・患者様)からお預かりしていたお金を、

当院キャスト(職員)に給与としてお渡ししました。

 

開院前、最初にお目にかけられたのは、

私たちの一方的ともいえる理念と信念と、

そして、ここ京のへそに設けた小さな舞台だけ。

 

それでも、

ゲスト(お客様・患者様)のお役に立てることに

こころから幸せと喜びを感じてくれて集まった精鋭。

 

彼女たちには

言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。

 

医療の世界を

できるだけゲストの視点からみたかったので、

すでにどっぷり医療に浸っていた私たちにとって、

他のサービスの世界をよく知る彼女たちの知識や経験、

そしてなにより業種を問わず大切な「もてなすこころ」は、

たいへん心地よく、心強く、私たちを支えてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのキャストの一人から

感謝とお祝いの言葉を添えて

まごこころのこもった鯛をいただきました。

 

私たちの方こそ、

真鯛を釣ってでもお送りしたい気分なのに。

 

本当に、いつもありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もまた彼女たちと、

ゲストをお迎えする準備を始めます。

 

 

志馬クリニック四条烏丸

志馬裕明

 

 

 

幸せな人は長生きする    Happy People Live Longer

 

なんとなくそうだろうと思っている方も、

これが、科学的根拠をもって証明されつつあるとなると、

俄然、興味がわいてくるのではないでしょうか。

 

先週末、参加した第12回抗加齢医学会

様々な発表や話題の中で、特に気になったのは、

Positive Psychology ; ポジティブ心理学

 

ペンシルベニア大学のSeligman先生らが提唱する心理学の一分野で、

個人や社会を繁栄させるような強みや長所を研究する学問だそうですが、

今回は、学会一のポジティブDr.坪田一男先生(慶応大学)の肝いりで、

ポジティブ心理学の重鎮・Christopher Peterson先生(ミシガン大学)が、

招請講演の演者として来日し、熱弁をふるってくださいました。

 

 

 

 

 

すでにご存じの方も多いでしょうが、

昨年「Science」という権威ある科学雑誌に、

Happy People Live Longer」という論文が発表され、

アンチエイジングの枠を超えて大きな話題になりました。

Science 4 February 2011: Vol. 331 no. 6017 pp. 542-543 DOI: 10.1126/science.1201060)

 

「幸せな人は、幸せでない人に比べて、寿命が約10年も長い」

 

ただの印象や机上の理論にとどまらず、

数多くの研究を慎重に解析して出された報告に、

高齢化社会?を生きる勇気と希望がみえてきます。

 

「幸せに生きる」

「ポジティブに生きる」

「ご機嫌で生きる」

 

ポジティブ心理学の発展と相まって、

アンチエイジングにつながる科学的根拠が、

今後ますます蓄積されていくことでしょう。

 

ちなみに余談ですが、前出のポジティブDr坪田先生、

懇親会で乾杯の音頭をとられたのですが、

いつもながらの彼のハイパーテンションは、

飲む前の一般人にはまだまだきつかったようです。

 

坪田「それでは乾杯のご発声を皆さまご一緒に!」

 

  「Happy People Live Longer!!!」

 

聴衆「・・・・・」

 

終わってみれば、もちろん大盛会でしたが(笑)

 

 

志馬クリニック四条烏丸

志馬裕明

 

 

 

 

ネマキ

 

クリニックへは、毎日、

地下鉄烏丸駅24番出口を通ります。

 

地下鉄構内から2階へと上がる階段に、

LAQUE四条烏丸の入り口が併設されているのですが、

気を抜くと、ついつい「美人な、寄り道を。」してしまいます。

 

とくにお目当ては、中川政七商店

「日本の伝統工芸を元気にする!」というビジョンで活躍する

創業300年の奈良の「小さなブランド」会社です。

 

 

 

 

 

社長・中川淳ブログ抜粋)

 

 

この京都店(LAQUE店)で開催されているのが

「夏をむかえる仕草展」

メインの商品に展示されているのが

「ネマキ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

植木屋が庭作りのために大きな樹木を運ぶ手段として、

根を縄で縛り運びやすくする、昔から続く技法

「根巻き」に由来するネーミングだそうです。

 

「誰もが手に取れる小さな植木」というコンセプトで、

京都の植木屋さんが愛情込めて一つ一つ作った苔玉。

 

 

 

 

 

 

 

 

大事に育てられたお嬢さんを、

うちにもお一人お招きしました。

 

志馬クリニック四条烏丸

志馬裕明

 

 

詩仙堂2012小満

「凸凹とした未開拓の土地がありました。

終の棲家と定めし一人の壬がいました。

山門をくぐり石段を登ると・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

石段を十段ほど上がると、

こんな感じで別世界へと誘われます。

 

詩仙堂の名で知られる名庭園の名は、

正しくは「凹凸窠(おうとつか)」

でこぼこした土地に建てた住居、という意味だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この凹凸窠の中心に位置するのが、

中国の詩家三十六人の肖像に囲まれたこの「詩仙の間」

狩野探幽の絵と石川丈山の詩が見事に融合しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

丈山は五十九歳でこの詩仙堂を造立し、

没するまでの三十余年を、

清貧の中に聖賢の教えを自分の勤めとし、

詩や書や昨庭に寝食を忘れてこれを楽しんだとか。

 

・・・うらやましすぎる

 

造立から三百七十年。

厳かな響きは、いまなお粛々と、

訪れる人の心を打ち続けています。

 

志馬クリニック四条烏丸

志馬裕明

 

京都市名誉親善大使

 

こんな肩書きがあるのをご存じですか?

 

クリニックのHPを作成する過程で、

HPデザイナーのホピデザイン青木さんと、

プロフィール写真をどうするか?という話になって、

過去、青木さんが手がけたHPを見せてもらいました。

 

「カッコイイなあ・・・」

ぱっとみて一番惹かれたのがこの写真でした。

能楽師 松野浩行オフィシャルサイト

 

「じゃあ、これで」

とお願いすると

「はい、わかりました」

ということで、

さっそくこの写真の松野さんと、

お友達の「写真家」の方にお目にかかることになりました。

(こんな、簡単でいいのかなあ・・・と思いつつ)

 

「今度、いつ日本に戻ってくるかわからないので、

撮影の日程は、戻られたらまた調整してみます。

なにせ、僕もまだ一度しかお目にかかったことがないもので」

「はい、わかりました」

・・・

って、わかんねーよ、

青木さん。

 

いつ戻るか?

フランス人?

京都市名誉親善大使

・・・

って、わかんねーよ、

青木さん。

 

「どうも〜こんにちは」

そして、お約束の日。

ラフな格好で、大きなリュックサックを背負って、

ぶらっとクリニックに来てくださったのは、

前出の松野さんとステファン・バルベリさん

 

 

 

 

 

若い頃より日本好きで,2008年に来日して以来,

日本の木々や京都の美しい自然を題材にした作品などが収められた写真集や、

“幽玄の間”と囲碁用具をテーマとした映像を作成するなど、

精力的に活動している親日家のフランス人写真家・作家さんでした。

 

慣れない二人(特に私、志馬裕明)はというと、

甘いマスクと流暢な日本語にのせられて、

置物の人形のような言われるがまま。

 

でも、

クリニックに差し込む春の木漏れ日のなか、

「妻」と二人で望んだ写真撮影は、

挙げなかった結婚式の記念撮影のようで、

なんだか、

気恥ずかしいような、うれしいような

ちょっと、幸せなひとときでした。

 

 

 

青木さん、松野さん、ステファンさん

素敵な時間をありがとうございました。

 

志馬クリニック四条烏丸

志馬裕明

 

WEB店舗を開院しました!

 

敏腕WEBコンサルタントとか、

お手軽HPビルダーとか、

色々と選択肢はあったのでしょうが、

ある種「地産地消」的に制作を進めていると、

気がつけばもう6月になってしまいました。

 

「京のへそ・四条烏丸から徒歩1分」

こんなキャッチで実店舗を開院したのが1ヶ月前。

 

ようやく、もっと多くの人に、

メッセージをお届けできる準備が整いました。

 

「世界中から徒歩0分」

婦人科(オフィスギネ)のセレクトショップとして、

幸せな未来の礎となる新しい価値を提案してまいります。

 

実店舗では、仕事帰りに「健やかごと」

WEB店舗では、仕事中でも「健索ごと」

 

もちろん、仕事も

おきばりやす。

志馬クリニック四条烏丸

志馬千佳

 

出来たてのクリニックでおしゃべりしませんか?

「赤ちゃんが欲しい」という願いで、

それぞれの境遇で頑張っているみんなが、

ぱっと集まって、さっと打ち解けて、うふふと話せる会。

「赤☆サロン」はそんな素敵なおしゃべり会です。

続きを読む