不妊治療と避妊治療

 

低用量ピルというクスリがあります。

Oral Contraceptives ; OC

いわゆる、経口避妊薬です。

 

 

 

 

 

ピルは、その様々な副効用によって

生活の質(QOL)を改善することに

とかく感心が集まりやすいのですが、

基本的な主効果は「避妊」です。

 

でもなぜ、

妊娠するお手伝いをする病院が、

妊娠しないお手伝いもするのか。

 

 

加齢に伴い妊娠しにくくなる最大の理由は、

配偶子(特に卵子)の老化だと考えられていますが、

望まない妊娠とその中断を繰り返すことにより、

心身ともに健全な女性が本来持っているはずの

妊娠する力(=妊孕力)が低下する可能性が指摘されています。

 

それぞれに、今は未妊(未だ妊娠していない)の理由があるでしょう。

だからこそ、今はちゃんと避妊して、もう不妊にはならない、

それが、未来のあなたに対する「妊孕女子」のたしなみです。

 

現在の望まない妊娠を防止しつつ、

未来の望まない不妊を予防する。

 

 不妊治療専門クリニックのひとつの答えです。

 

 

 

 

 

 

 

私どもは、

単にピルという商品を売りたいわけではありません。

とにかく安く、簡単にピルを手に入れたいだけなら、

ほかにも選択肢(提供する店舗やサイト)はあるでしょう。

でもそこに、

未来のあなたにもきちんと説明できる良心があるかどうかは、

かなり疑問です。

 

無防備なセックスで体内に進入する性行為感染症が、

明らかに不妊の原因になるとWHOは警告していますが、

ピルではこの性行為感染症を防止できないということを、

ピルをすでに使用している本人たちでさえ、

まだあまり理解していないようです。

 

「ピルさえ売れればよい」というひとから、

「ピルさえ飲んでればよい」というひとへは、

「本当にたいせつなこと」が伝わる余地はなさそうです。

 

 

ピルOCを通して、

「健やかで幸せな未来」を築くお手伝いができれば。

 

 

志馬クリニック四条烏丸

志馬裕明

 

 

 

プロフィール〜プリンと牛の眼球と漆黒の宇宙…?

幼少時、祖父母との同居生活の中で、両親が介護をしている姿をずっと見てきました。小さかった私は、訳も分からず毎日のように母に連れられて近くの大学病院に通い、その食堂でプリンを食べさせてもらえるのがいつもの楽しみでした。灰色の壁にパイプベッドと白いシーツ、介護のおばさんと食堂の丸いパイプ椅子、病院独特の消毒のにおいと行き交う白衣の看護師さんとお医者さん。生と死さえもまったく何もわかってはいなかったけれど、病気や医療は、間違いなく私達の「日常」でした。 続きを読む

京都マラソン2012〜復興への祈りとともに

快晴に恵まれた啓蟄の洛北を、

15000人のランナーがさわやかに駆け抜けていきました。

 

 

 

 

 

 

東日本大震災からちょうど1年の今日、

ランナーのユニフォームにも、

想い想いの言葉が綴られていました。

 

発生時刻 午前2時46分

お亡くなりになった方に 心から哀悼の意を表します。

 

草食の美技

どの業界でも新しくお店を出す時には、

いまや、ホームページの存在はかかせません。

種々のアンケートでも、来院のきっかけは、

「ネット」か「口コミ」がほとんどです。

 

彼との出会いは昨年の10月。

内装を担当していただいている七彩の上之山さんにご紹介いただき、

初めてお会いした時の印象は、一言で言うと「清廉」。 続きを読む