志馬クリニック四条烏丸

志馬クリニック四条烏丸 医療内容 人工授精 AIH

人工受精

定 義

性行為による腟内への射精の代わりに、女性生殖器官内に精子を人工的に注入すること

※女性生殖器=子宮、卵管、腹腔、卵胞など


分 類 (精子提供者による分類)

  1. 配偶者間人工授精 :artificial insemination with husband’s semen ; AIH
  2. 非配偶者間人工授精:artificial insemination with donor’s semen ; AID

※ 当院ではAIHのみ施行


分 類(注入場所による分類) 

  1. 子宮腔内  intra-uterine insemination;IUI
  2. 子宮頚管内 intra-cervical insemination;ICI
  3. 卵管内   intra-tubal insemination;ITI
  4. 卵胞内   intra-follicular insemination;IFI
  5. 腹腔内   direct intra-peritoneal inseminatin;DIPI

※ 当院ではIUIのみ施行


比 較(人工受精の意味)

  • 人工授精(intrauterine insemination ; IUI)は、「精子を子宮内に直接注入し卵子と精子が出会う確率を高める治療」です。
  • わかりやすく邦訳すれば「人工的子宮腔内精子注入法」といいます。
    子宮内に「人工的に注入」された精子は、卵管内へ「自然に(=自力で)移動」し、排卵後に卵管内に取り込まれた卵子と「自然に(=自力で)出会い受精」します。
  • つまり、精子を子宮内に注入した後の過程はあくまで「自然」であり、重大な副作用・合併症はほとんどありません。もちろん、生まれてくる児の先天異常に関しても、人工授精と性交渉による自然妊娠で何ら差はありません。
  • 逆に、「精子の子宮内への進入を助けるだけの方法」でしかなく、それ以外の過程(排卵、卵子の卵管内への取り込み、受精、胚の発育・移送、着床など)はあくまで自然に営まれるため、「それ以外の過程」に問題がある場合は、人工授精を行うメリットはないといえます。
  • ただ、現在の生殖医療(不妊治療)においては「それ以外の過程」に問題があるかどうかをあらかじめ調べる方法がありません。つまり、人工授精を行うメリットがあるカップルかどうかを人工授精前にあらかじめ正確に評価することは困難です。
  • その意味で、人工授精は「自然に妊娠できるかどうか(=体外受精が必要かどうか)を調べる検査」といえるでしょう。

適 応

  1. 性交が出来ない、性交での射精が出来ない
  2. 性交渉のタイミングがとりにくい(単身赴任、排卵障害など)
  3. 精子の濃度が少ない、運動率が低い
  4. 性交後試験(ヒューナーテスト)の結果が良くない
  5. 抗精子抗体が陽性
  6. 原因不明不妊

 卵管通過障害がない(=卵管が詰まっていない)ことが前提


成功率を上げるためのコツ

  1. 卵胞数を増やす

人工授精は、自然の月経周期で行うより、排卵誘発剤を使った過排卵刺激法(一度に複数の卵胞を育てる方法)を併用すると妊娠率が上昇することがわかっています。

    1. 自然周期                           :約 4%
    2. クロミフェン療法(クロミッド、セロフェン)併用周期      :約 7%
    3. ゴナドトロピン療法(フェルチノームP、パーゴグリーン)併用周期:約14%
  1. 排卵を誘起する

排卵を促す薬を積極的に使用し、確実な排卵を目指します。

    1. ナファレリール(GnRH誘導体、点鼻薬)
    2. HCG(胎盤性性腺刺激ホルモン、注射薬)
  1. 排卵と射精のタイミングを合わせる

「科学的根拠に基づいた至適タイミング」に排卵と射精を合わせることにより、卵子と精子がより出会いやすい環境を作ります。 この「至適タイミング」は個体によっても、周期によっても異なりますので、その都度、医師にご確認ください。


合併症

  1. 出血カテーテル挿入の刺激で人工授精後ごく少量、出血することがあります。
  2. 腹痛まれに排卵に伴う下腹部痛を自覚することがあります。
  3. 感染まれに子宮や卵管、腹腔内に感染を誘発することがあります。
  4. 多胎妊娠排卵誘発剤を使った卵巣刺激法を併用した場合、多胎率が上昇します。多胎妊娠は単胎妊娠に比べ母児共に医学的な合併症の頻度が高く、可能な限り避けるべき妊娠と考えます。卵巣刺激法別の多胎の発生率は以下の通りです。
    1. 自然周期                           :約 1%
    2. クロミフェン療法(クロミッド、セロフェン)併用周期      :約 5%
    3. ゴナドトロピン療法(フェルチノームP、パーゴグリーン)併用周期:約20%
  5. 卵巣過剰刺激症候群(OHSS

排卵誘発剤を使った卵巣刺激法により一度に多数の卵胞が発育する結果、卵巣が腫れたり腹水がたまったり、場合によっては血栓を生じ重篤な合併症に至る可能性があります。

※ 当院では、所属学会の指導に従い、多胎妊娠やOHSSの回避を目的として
「一度の排卵誘起で4個以上排卵する可能性がある場合」
排卵誘起の中止をお勧めしています。


経 過(人工受精の周期)

  1. 卵巣機能評価 月経周期2−4日目 「元の卵巣に戻っているかどうか」 
    • 経腟超音波検査で卵胞の状態を確認します
    • ホルモン検査をすることがあります
  2. 排卵誘発 月経周期5−9日目 「卵をしっかり育てる」
    • 必要に応じて飲み薬や注射を使用します
  3. 卵胞確認 月経周期10−12日目 「卵胞が大きくなっているかどうか」
    • 経腟超音波検査で「主席卵胞」の大きさを確認します
    • 血液検査で「卵の発育具合」「自然排卵の時期」を推測します
    • GnRHアナログ点鼻(ナファレリール)またはHCG注射により排卵を誘起します
  4. 人工受精 月経周期13−15日目 「精子を子宮内に入れる」
    • 「排卵誘起後およそ34-40時間後」に精子を子宮内に注入します
    • できるだけ「排卵日に合わせた人工授精」をお勧めします
    • 人工授精当日に未排卵の場合は、翌日に再度人工授精も承ります。特に、男性因子の場合、妊娠率が改善するという報告があります
  5. 黄体期診察 月経周期18−23日目 「着床の環境は整っているか」
    • 血液検査で、黄体期のホルモンバランスを調べます
    • 経腟超音波検査で、排卵の有無、子宮内膜厚、排卵誘発後の副作用を確認します

経 過(人工受精の当日)

  1. 受付 
    • 予定時刻より少し早めにお越しください。
      自宅採精の場合:予約時刻の30分前にお越し下さい。
      当院採精の場合:予約時刻の60分前にお越し下さい

    ※ およその目安:採精時間30分、精子調整時間30分

  2. 確認 
    • 処置室で精液の確認をいたします。
      自宅採精の場合:お持ちになった精液採取容器に記載したID番号と氏名を確認します
      当院採精の場合:お渡しする精液採取容器に記載したID番号と氏名を確認します
  3. 採精・精子調整 
    • 調整中は、外出していただいても結構です。
      自宅採精の場合:ご提出いただいた精子の調整が完了までは、院内で待機するか、ご希望の場合は外出していただいても結構です(精子調整時間約30分)。
      当院採精の場合:男性は採精室で採精します。個室には、ワイヤレスヘッドフォンと毎週更新される人気アダルトDVDを取りそろえておりますが、ご希望のDVDをご持参いただいても結構です。採精後は、採精容器の氏名、ID番号を再度確認した上で、検査室の「小窓」から精液を提出し、「小窓」横のベルをお鳴らしください。
  4. 精子注入 
    • すべて個室で行います(女性のみ)。
      更衣室で専用のガウンに着替えます。
      ベッド上で砕石位になり、調整した精子を細く柔らかいカテーテルで子宮内に注入します
      通常、痛みはなく1分以内に完了します
      注入後、ベッド上で10分間安静を保ちます
  5. 処置・処方 
    • 処置室でAIH後の薬をお渡しします
      ご不安があればリプロダクティブヘルス・コンシェルジュにお尋ねください。
  6. 会計 
    • お支払いは各種カードがご利用になれます(JCBを除く)
      次回のご予約は、受付またはWEB上でおとりください
      医療方針に関しては医師との面談時にご相談下さい

料金および助成制度

同一周期 1回目 26,000円(税込)

同一周期 2回目 19,000円(税込)

  • 以下のすべての料金を含みます

精子特性分析、精子調整、精子注入、経腟超音波検査、診察、薬剤、予約料込み

  • 初・再診料が別途発生します
  • 特別な薬剤(漢方薬・ホルモン剤など)を処方した場合は、別途料金が発生します

助成金制度(京都府)

京都府内に在住の方は、不妊治療費助成制度(一般不妊治療)の適応をご確認下さい

http://www.pref.kyoto.jp/mamanaro/ippan.html

  • 助成内容  :上限100,000円/1年度
  • 助成対象治療:排卵誘発剤の投与等医療保険が適用される不妊治療及び人工授精
  • 助成対象者 :
    • 京都府内の市町村(京都市を含む)に1年以上居住している夫婦(事実婚の方も対象。ただし、人工授精による治療を受けた場合に負担すべき医療費を申請される場合は婚姻の届出をしている夫婦)
    • 各種医療保険に加入されている方
  • 助成申請手続:助成金交付申請書及び医療機関の証明書をお住まいの市町村担当課に提出してください。なお、受診後、1年以内に申請することが必要です。※詳しくは、お住まいの市町村へお尋ねください。

当院の方針

上記内容を十分にご説明した上で、患者様ごとのご希望と優先順位を加味し、最終的には個別化した治療方針を決定します。医師とよくご相談下さい。


AIHに関する注意事項

採精時の注意事項

  • 採精前は、手指を石けんと流水できれいに洗ってください
  • 自慰行為により採取してください
    • 採精容器に、直接、精液を射出してください
    • 性行為の中断による採精はお控えください
    • 採精時のコンドームの使用はお控えください
    • ローションなどの使用はお控えください
  • 採精後は、採精容器のふたをきっちりお閉めください
  • 採精容器を検査室の「小窓」からご提出ください

精液持参時の注意事項

  • 採精後は、できるだけ早めにクリニックにお持ちください
    • 採精から調整開始までの目安:3−4時間以内
    • 採精後の精液をそのまま放置すると徐々に衰弱しますが、射出から時間が経過した精液でも状態が良ければ人工授精は可能です。遠方の方、時間調整が困難な方は医師とご相談ください。
    • 冬季は、精子を入れた容器がなるべく冷たい外気に触れ冷やされ過ぎないよう、逆に、精子を入れた容器をカイロなどで暖め過ぎないようご注意ください。人肌程度が最適です。

AIH当日持参するもの

  • 同意書(初回の方のみ)
  • 採取した精液(自宅採精の方のみ)
  • 診察券

AIH当日の注意事項

  • 来院時間
    • 自宅採精の場合:予約時刻の30分前にお越し下さい。
    • 当院採精の場合:予約時刻の60分前にお越し下さい。
      ※ およその目安:採精時間30分、精子調整時間30分)受付時間
  • 受付時間
    • 持参精液の受付時間(月〜土) :7:45〜
    • 当院採精の受付時間(月〜土) :8:00〜
    • 早朝人工授精予約枠(自宅採精):8:00〜
    • 早朝人工授精予約枠(当院採精):9:00〜
  • 取り違え防止のため、予約枠は「1カップル/30分」を厳守しております。安全・安心なAIHの実施に、ご理解ご協力をお願い申し上げます。
  • 取り違え防止のため、何度もID番号とお名前を申し上げ、ご本人かどうかを確認いたします。趣旨をご理解いただき、確認作業にご理解ご協力をお願い申し上げます。

AIH後の投薬

  • 基本内服薬
    • 抗生剤:感染を防止します
      ケフラールカプセル250mg 1カプセル×3回/日×1日間(AIH当日夜から開始)
    • 黄体ホルモン剤:着床環境を整えます
      プロゲストン錠5mg 1錠×2回/日×10日間(AIH2日後朝から開始)
  • 追加・変更薬
    下記薬剤の投与を追加することがございます。
    • 黄体ホルモン剤(膣剤・注射薬)
    • 卵胞ホルモン剤(内服薬・貼付剤)
    • 不育症の治療薬(内服薬・注射薬)
    • 漢方薬(内服薬)

AIH後の生活

  • 仕事や日常生活など、特別な制約は不要です(入浴や性交渉も可)。
  • 乗り物(車、電車、飛行機など)も制限はございません。
  • 特別な安静を心がけても、妊娠する可能性は変わりません。
  • 市販薬は、妊娠判定日までは自由にお使い下さい。
  • 他の医師から処方された薬は、妊娠判定日までは指示通りお使い下さい。

妊娠判定

  • AIH後、高温期(0.3度以上の基礎体温上昇)が2週間以上持続し月経が発来しない場合は、ご自分で市販の妊娠検査薬を購入しご自宅でお試し下さい。
  • 陽性の場合:妊娠判定陽性から1週間以内に診察にお越し下さい。
  • 陰性の場合:そのまま経過を見て、更に1週間高温期が持続し月経が発来しない場合は、もう一度ご自分で妊娠検査をなさるか、一度診察にお越し下さい。
  • AIH後、黄体ホルモン(プロゲストンなど)の作用で、下記変化をみることがあります。
    • 黄体ホルモン投与中止後に、妊娠していなくても月経発来が数日間遅れる
    • 黄体ホルモン投与中止後も、妊娠していなくても高温期が数日間持続する
    • 黄体ホルモン投与中止後に、高温期が持続しているのに出血が始まる
    • AIH後、次回の月経が発来した場合は、月経周期3−5日目に診察にお越し下さい。

追 記

  • ご不安な点は、いつでも当院コンシェルジュにお尋ねください。
  • ご相談は、電子メールでも、適宜、承ります(clinic@shime.biz
  • お名前とID番号を確認いたします。
  • 回答に数日を要する場合があることをご了承下さい。