志馬クリニック四条烏丸

志馬クリニック四条烏丸 医療内容 子宮卵管造影検査(HyCoSy)

子宮卵管造影検査(HyCoSy)

はじめに

妊孕能評価(不妊症検査)卵管疎通性検査は、外子宮口より造影剤や炭酸ガス・生理食塩水などを注入し、腹腔内への拡散を確認し卵管の通過性を評価する検査です。妊孕能の評価(不妊症のスクリーニング検査)においては、卵管因子を調べる検査の一つです。


卵管疎通性検査の種類

「何を使って」「どうやって評価するか」によって検査方法は次のように分類されます。

  1. 卵管通気検査 :炭酸ガスを注入して、卵管の通過性を圧と音で評価する検査
  2. 卵管通水検査 :生理食塩水(生食)を注入して、卵管の通過性を圧で評価する検査
  3. 卵管造影検査 :特別な造影源を注入して、卵管の通過性を画像(X線・超音波)で
    評価する検査
  4. 卵管通色素検査:手術時に色素水を注入して卵管の通過性を直視下に評価する検査

※ 当院では3.卵管造影検査を施行しております。

卵管疎通性検査の比較表

卵管造影検査の分類

卵管造影検査は、同時に子宮内腔の評価も可能で「子宮卵管造影検査」とも呼ばれます。「何を使って」「どうやって評価するか」によってさらに次のように分類されます。

  1. X線子宮卵管造影(HSG)・・・健康保険適応あり
    • 油性造影剤(リピオドール)
  2. 超音波子宮卵管造影(HyCoSy)・・・健康保険適応外
    • 水性造影剤(レボビスト)
    • 混合造影源(フェムビュー)

日本の保険診療においては、1.のみ健康保険の適応が認められています。このため、一般に子宮卵管造影検査(HSG)というと「油性造影剤を使ったX腺子宮卵管造影検査」のことを指します。

当院では、超音波子宮卵管造影検査(HyCoSy)を施行しております。

子宮卵管造影検査の比較表

子宮卵管造影検査(HSG)の問題点

感度 :陽性と判定されるべきものを陽性と判定する確率
特異度:陰性と判定されるべきものを陰性と判定する確率

  1. 卵管通過性の評価
    Stwart et al : Fertil Steril.1995 Sep;64(3):486-91.「20文献、4127症例の再評価」
    • 感度65%
      これは、「本当は卵管が通っている」10人のうち3-4人を「卵管が詰まっている」と誤って判定してしまうことを意味します。にもかかわらず、不妊治療の現場では、このHSGの結果を元に「卵管が詰まっているからともかく体外受精」という説明をして「本当は卵管が通っている」人にまで「不必要な体外受精」を勧めているケースが非常に多いようです。
      HSGで「卵管が詰まっている」と判定された場合、本来は、このようなHSGの特性(問題点)を正しくお伝えした上で、「本当に詰まっているのかどうか」を見極め不要な体外受精を行わないよう、さらに詳しい検査を考慮する必要があります。
      この場合の詳しい検査には、卵管鏡検査腹腔鏡検査があります。どちらも内視鏡を使った検査で、もし卵管が詰まっている場合は、卵管内の病変に対しては卵管鏡手術、卵管外の病変に対しては腹腔鏡手術で、卵管の通過性を改善することが可能です。
    • 特異度83%
      これは、「本当は卵管が詰まっている」10人のうち8-9人を「卵管が詰まっている」と正しく判定できるということを示します。「卵管が詰まっている」ものを「卵管が通っている」と取り違える可能性は低いため、誤った判定をもとに自然妊娠を目指し、いたずらに貴重な時間を浪費する危険性は低いといえます。
      ※ 「卵管が詰まっているから体外受精」と言われたら、ぜひ一度、ご相談ください。
  2. 卵管周囲癒着の評価
    Stwart et al : Fertil Steril.1995 Sep;64(3):486-91.「20文献、4127症例の再評価」
    • HSGの卵管周囲癒着の評価は、疑陽性、偽陰性が多く、読影によっては再現性も悪く、「信頼性に乏しい」と指摘されています。ところが不妊治療の現場では、X線HSG検査を1日で済ませるために、翌日に腹腔内への造影剤の拡散も評価せず、当日の撮影結果だけで「卵管周囲が癒着していて卵管の通過性が悪いから体外受精」という説明を受け「不要な体外受精」を勧められる場合もあるようです。
      「卵管周囲癒着」を評価するのに最適の検査は、腹腔鏡検査です。正常のHSG所見であっても卵管周囲癒着や骨盤内子宮内膜症を認めることもあるため、HSGで異常がなくても、なかなか妊娠に至らない場合も、腹腔鏡検査を考慮する必要があります。
      ※ 「卵管周囲が癒着しているから体外受精」と言われたら、ぜひ一度、ご相談ください。
  3. 子宮内腔病変の評価
    Preutthipan S. et al. J Obstet Gynaecol Res. 2003 Feb;29(1):33-7.
    • 感度98%
      子宮内腔に病変がある場合に、正しく病変ありと判定する可能性が高い。つまり、子宮鏡検査で本当に「子宮内腔に病変がある」10人のうち9-10人がちゃんと「病変がある」と判定できるということを示します。
    • 特異度35%
      子宮内腔に病変がない場合に、正しく病変なしと判定する可能性が低い。つまり、子宮鏡検査で本当に「子宮内腔に病変がない」10人のうち3-4人がちゃんと「病変がない」と判定できるが、6-7人は「病変がある」と誤って判定されるということを示します。
      ※ HSGで異常が認められたら、子宮鏡検査で病変の部位と範囲を同定しましょう。
  4. HSGの治療効果
    Johnson N et al. The Cochrane Collaboration, 1-40, 2007.「12文献、2079症例の再評価」
    • 不妊症のカップルに対して、油性造影剤によるフラッシュ(=X線HSG)を行うと、無治療群に比べて妊娠率が改善します。
    • 一方、油性造影剤によるフラッシュ(=X線HSG)と水性造影剤によるフラッシュ(=超音波HyCoSy)では、その後の妊娠率に差はありません。
      ※ 卵管疎通性検査後の妊娠率は、X線HSGでも超音波HyCoSyでも変わりません。「妊娠率が上がるから油性造影剤を使ったX線HSGの方がいい」と勧められたら、ぜひ一度、ご相談ください。

超音波子宮卵管造影検査(HyCoSy)のメリット

感度 :陽性と判定されるべきものを陽性と判定する確率
特異度:陰性と判定されるべきものを陰性と判定する確率

  1. 高い診断力
    腹腔鏡検やX線HSGとの比較研究報告で、同等の高い診断力が確認されています。
    HyCoSyと腹腔鏡検査との比較報告

    HyCoSyとX線HSGとの比較報告

  2. 放射線被曝がない
    人体への不必要な放射線照射は、確率的影響のリスクを下げるため、例え1回あたりの線量が少なくてもできるだけ線量を減らすのが理想的です。特に、検査部位が生殖腺(卵巣・精巣)となると、妊孕能低下を避ける上で、線量低減は非常に有意義です。
  3. ヨード造影剤曝露がない
    ヨード剤による、アレルギー、卵管炎、腹膜炎、血栓症、ヨード剤の長期体内残留、およびこれに伴う甲状腺機能異常(母児とも)などの多くの好ましくない影響が回避できます。
  4. 短時間で実施可能
    入院や特別な処置を必要とせず、外来で短時間の間に実施可能です。
    また、油性造影剤を使用したX線HSGの場合、24時間以降(翌日以降)に再度来院し、腹腔内への造影剤の拡散状態を評価することが推奨されていますが、HyCoSyの場合は、検査時に拡散状態も評価するため、この翌日以降の来院の必要がありません。
    • X線HSGの場合でも、この翌日以降のX線評価を省略している場合があるようです。
  5. 腹膜刺激に伴う痛みが少ない
    水と空気の混合液を造影源として使用するため、従来の造影剤を使ったX腺透視下の子宮卵管造影検査に比べ、より腹膜刺激症状が少なく痛みが軽減される可能性があります。
    • 痛みの感じ方は個人差が大きいので、事前に担当医とよくご相談ください。

料金

超音波子宮卵管造影検査(HyCoSy) 14,700円

  • 自費診療です(健康保険の適応がありません)。
  • 以下のすべての料金を含みます。
    診察、検査、面談、器具、薬剤、予約料。
  • 別途、再診料(自費1,300円)がかかります。



実施時期

「月経終了から排卵まで」(おおよそ月経周期5〜12日目頃)

  • 検査日:月〜土 13時−14時(予約制)
  • 未治療のクラミジア感染の可能性がある場合は、卵管造影検査によりクラミジアを腹腔内に拡散させてしまう危険性があります。抗生剤投与による治療を優先し、検査は次周期以降に延期します。

HyCoSy当日の流れ

  1. 受 付
    検査予定時刻の15分前にお越しください。
  2. 準 備
    排尿を済ませ、回復室(更衣室)で検査ガウンに着替えます。
  3. 検 査
    手術室でHyCoSyを行います。約15分程度で終了します。
  4. 麻 酔
    必要ありません。痛みがある場合は適宜、鎮痛剤を使用します。
  5. 面 談
    検査後、同日に検査結果をご説明します。
  6. 処 方・会 計
    検査後に必要な薬剤を受け取り、会計をして帰宅します。
  7. 再 診
    数日後に再診していただきます。検査後の合併症の有無と卵胞発育の程度を確認します。

注意事項

  1. 食 事
    特に制限はございませんが、可能なら昼食は検査後に摂ることをお勧めします。ごくまれに、検査時の痛みで一時的に気分不快や嘔吐がある場合がございます。
  2. 常用薬
    特に制限はございません。当日昼までいつも通りお飲みください。
  3. 化 粧
    特に制限はございません。化粧はしたままで結構です。
  4. 入 浴
    特に制限はございません。当日夜から入浴していただいて結構です。
  5. 就 労
    特に制限はございません。検査後すぐからいつも通り就労可能です。
  6. 妊 娠
    特に制限はございません。検査周期から妊娠可能です。

HyCoSyの実際


超音波子宮卵管造影検査(HyCoSy)

  • フェムビューという特別な器具で、空気と水を混合した造影源を注入します。
  • 単なる通気や通水と違って、左右の卵管の通過性を個別に、超音波画像で視覚的に詳細に評価することができます。
HyCoSyのここがポイント!

 

  • 高い診断力
  • 放射線被曝がない
  • ヨード造影剤被爆がない
  • 短時間で実施可能
  • 反復して実施可能
  • 腹膜刺激に伴う痛みが少ない
  • 検査後に妊娠率の改善が期待できる

「卵管疎通性は調べたいけどネットなどの情報では凄く痛いと聞いたので心配」という方や、 「以前に一度調べたけど、もう一度やってみたい」という方は、ぜひ一度、ご相談ください。